診療放射線技師は大学で課程を学ぶ必要あり!

medical school.com

はじめに

現在、日本では大学をはじめ、専門学校や予備校など、様々なタイプの学校があります。そのため、学校選びに悩んでいる方も少なくありません。当サイトは、そのような学生にとって有益な情報をまとめてみました。

学校選びで大切な4つの要素

カリキュラム

学校選びでは、まずカリキュラムを見ておくようしましょう。カリキュラムはその学校がどういった取り組みや授業を行っているのか、あるいは授業のレベルなどが把握できます。

施設・設備

当然のことですが、専門学校によって勉強する環境や設備は異なります。自分が快適に学べる学校であることは大前提として、勉強に必要な設備が整っている学校を選びましょう。

学費

行きたい学校があったとして、学費が払えないのでは話になりません。年間にかかる学費を計算して予算の範囲内で行ける学校を選びましょう。また、足りない学費は奨学金制度を利用してまかなうというのもいいです。

就職率・退学率

学校はあくまでも就職のための通過点に過ぎません。そのため、学校選びでは就職率や退学率をチェックしましょう。仮に、就職率が低い場合には、その学校は避けるべきです。

オープンキャンパスへ参加しよう

学校選びに迷っているなら、オープンキャンパスへ積極的に参加することをオススメします。オープンキャンパスなら、学校の特長や環境を直に見ることができるので学校選びの参考になるはずです。

持ち物を忘れずに

オープンキャンパスで必要なものは特にありませんが、メモや筆記用具などを持っていくといいです。また、夏のシーズンにオープンキャンパスへ参加する方は暑さ対策も忘れないようにしましょう。

診療放射線技師になりたい方へ!医療系を目指すなら大学へ通おう

男女

現代医療に欠かせない放射線

現代の医療において、病気の検査や治療には「放射線」が欠かせません。そのため、医療系の職種の中でも診療放射線技師を目指す方も多いのです。診療放射線技師は、医師や歯科医師の指示に従い、検査や治療のためにX線やその他の高エネルギー放射線を人体に照射する医療技術者です。

診療放射線技師の働ける現場

診療放射線技師の主な勤務先は、病院や診療所などが代表的でしょう。また、近年では診療放射線技師のスキルを求めて、医療機器メーカーの研究開発部門でも求人を募集しているところもあります。今後、診療放射線技師の活躍できる範囲は広範囲となる可能性が高いため、まだまだ活躍が見込めることでしょう。

診療放射線技師を目指す場合

診療放射線技師を目指す場合、国家試験に合格する必要があります。受験資格は養成課程のある大学や短大、専門学校などで3年以上知識や技能を修得しなければなりません。養成課程のある大学、短大、専門学校は現時点で50校以上もあります。将来的に診療放射線技師になりたいと思うなら、まずはこれらの学校で知識や技術を学びましょう。

まとめ

診療放射線技師は将来的にも活躍が期待できる職種の1つです。医療系の大学や専門学校に通うなら、将来の職業の選択肢の1つとして診療放射線技師を検討しましょう。

[PR]
大阪でヨガインストラクターの資格を取ろう
専門スクールを要チェック!

広告募集中